読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引き寄せは履いて出かける

女子アナによる「引き寄せの法則」を実用的に使っていこうなブログ

引き寄せがうまくいっている時の超基本3条件

スポンサーリンク

うまくいっているときこそ、あまり我が身を振り返らないもの。

でも、うまくいっているときにふと立ち止まって

自分がどういう状態にあるか確認する作業をしておくことで

行き詰まったときに冷静に対処できるはず。

ということで、ちょっとまとめてみました。

 

f:id:dosukoi823:20161024002900j:plain

1.部屋が片付いている

これまじで真実っす。。。

もうくどいようだけど、片付け・掃除は本当に大切。

部屋の状態は、そのときの心の余裕度を表します。

引き寄せが簡単にポンポンいっている今、部屋にものが全然ありません

部屋の中の無駄なものがすぐ目について、体が動くのです。

逆にうまくいってないときは、だいたい部屋がすごいことになっていますw

そしてさらに悪いことに、片付ける気も起きないんですよねぇ・・・悪循環。

そういうものから目を背けて、ついネットサーフィンなどに時間を浪費してしまいます。

 

 

2.「いま、ここ」にいる

これも口が酸っぱくなるほど書きまくっていますが、忘れがちなことです。

うまく回っているときは、きちんと「いま、ここ」に生きていて、楽しんでいます。

軌道に乗るまでは特にそうですが、乗ってからでも意識的に「いま、ここ」と思って過ごしています。

脳みそは本当にマイナスの連想ゲームが上手。。

うまくいっていないときは、うまくいっていないことについて連想ゲームしてしまっていることが多いです。

意識的に「いま、ここ」の感覚、楽観性というか、そういう思考を刷り込まないとなかなか難しいです。

でも「いま、ここ」は土台の部分なので、無意識の領域に届くまで意図的に刷り込むのがおすすめです!

 

3.自分が大好き♡

うまくいっているときは、自分のことが大好きで、大切で、愛おしいんです!

こまめに褒めていたり、失敗しても慰めてあげて自分を責めないなど、とにかく

自分をとても大事にしています。

そうすると不思議と周りも守ってくれるし「こうなれば」という展開に不思議となってくれます。

「いま、ここ」よりも超超超土台。

うまくいっていないとき、どうしても自分を責めがちです。

そんな状態に気づいたら、意識的にまずは自分を批判せず、責めず、全力肯定してあげてください。

 

3つの条件、共通項。

とりあえず形でいいんです。

形から入れば、中身は後からちゃんとやってきますから。

幸せだから笑うのではなく、笑うから幸せなんです。 

なにかラッキーなことを待ってばかりでは、時間がもったいない!

そんなことよりも、まずは「片付ける」「いま、ここを心がける」「自分大好き」を実行してみてください。

体を動かすだけ!何も考えないでいいので!!

うまくいっていないな、というとき、この3つをとにかくやってみてくださいね。