読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引き寄せは履いて出かける

女子アナによる「引き寄せの法則」を実用的に使っていこうなブログ

年齢引き寄せました!

2週間ほど前、自分の年齢を実年齢マイナス4歳に設定してみました。

その年齢の自分として、自分を扱います。

人は見た目が100パーセント・・・なんてドラマも始まっていますが

実年齢なんて言わなければわからないものですよね。ほんと。

 

もともと実年齢よりちょこっと若く見られるのですが、思い切って4つも下に設定しました。

私の中ですごく一番戻りたい時でもあり、絶対無理ではないけども、ちょっと手の届かないような、届きそうな4歳下。です。笑

f:id:dosukoi823:20170416104556j:plain

はっきりと「◯◯歳になろう」と意識してから、たったの2週間。

立て続けに3、4人の人から「◯◯歳くらいでしょ?」と言われたり

「えーっ!◯◯歳って言われても全然わかんない・・・」と言われたりしました。

2人続いたあたりで「あ、これ引き寄せた」と気付きました。笑

↑引き寄せ経験者はわかるわかるー!と思っていただけるはず。笑

「あ、来たわ。」みたいなこの感じです!

叶う時ってこういう感じなんですよねー。

 

 

 

やった事といえば本当に、いちど「◯◯歳です」と決めただけです。

しょっちゅう刷り込んだわけではなく、年齢についてふと考えていた時は

「ああ◯◯歳だった」と新しく書き込んだ、その程度です。

あとは、本当に見た目が若い方っているじゃないですか!神崎恵さんとか。

あの方の若さ&美しさは本当に努力の賜物だと思いますから、

手をかければかけるほど若返っていくんだーってことを信じることができました。

ですから、肌のお手入れはより丁寧に♪なりましたね。

 

結構前にこんな記事も書いていました↓

minamiyuki.hatenablog.com

 

小さなことからスルスル引き寄せて、引き寄せ体質を育んでいくのはすごく大切です。

次は身長と鼻の形をもっと変えたいので、次はそれです!

 

 

 

 

OPENしました

便りがないのは元気な証拠、ということで。

ひとつお知らせです。
新BLOGがOPENしました。

odoruyouni.hatenablog.com



色々な人とお話する機会を経て
「このぶっとんだ”引き寄せ”の感覚、もっと伝わりやすくできないかな」と
ずっと考えておりました。
考え方、意識の持ち方を一生懸命伝えるって難しい。
伝わったとしても、それを実践してもらうこと、再現性に乏しいんです。

このぶっとんだ発想を抵抗なく受け入れられる、私のようなぶっとんだ人間には
そう難しくなくとも、笑
誰かの役に立たなくては意味がないなと思いました。

ですから、手を動かしながら、ちょっと考え方をやわらかくしていく。
そんなことを伝える場を作ってみました。


ふわふわしたお話はこちらで、のんびり続けていきますので
ひきつづきよろしくお願いいたします。

 

イメージを完全再現しました

射手座新月(1月28日)を過ぎて程なくして、また一段ステップを上がりました。

どんどん自分が、自分の知らない世界へとステップを上っているので

正直気持ちが追い付かない状況。

ちょうどみずがめ座新月を過ぎたあたりから、ジャンプアップしてます。

この新月のキーワードが「革新」なのが後からゾッとするくらい、しっくりくる。

今振り返ると本当に信じられないことが立て続けに起きました。

f:id:dosukoi823:20170223111307j:plain

 

 

ここ4年近く「絶対これを再現する」と思っていた、あるシーンを

完全再現しました。

もう、脳で思い描いていた通りのシチュエーションが勝手にあっちからやってきた

確かに思い描いてはいたけど、状況的に今回ではなさそうだなーなんて思っていたら

思わぬ方向でその状況は作られました。

ずーっとイメージしていた、一字一句。

そのままお伝えすることができました。

物の見事に思い描いた通りだったので、実現化した時には”初めて”なのに”デジャヴ感”。

脳で思い描くイメージって大事だ。妄想って大事だ!!まんま実現する、、、!

ちょっと心の準備ができてなかったので直前は相当テンパりましたが・・・笑

 

 

でも自分がそのセリフを言っているときは、妙〜〜に冷静なんですよね。

「これ知ってる」という感じなので。

100回くらい練習して本番迎えたって感じとも言えるし

「叶うって知ってた」というくらい、潜在意識に馴染んでいたとも言える。

 

頭の中でシナリオを書く。効きます。

 

あとポイントとしては、これは叶うってことに対して抵抗が全くなかったんですよね。

疑いがなかった。

それなのに、叶わなくても別に痛くもかゆくもないなんて出来事だったんですけども

これぞ執着ゼロで叶った事例なのかなーと。

今回のことを他のことにも応用してみよう。

いっぱいシナリオ書こう。笑