引き寄せは履いて出かける

元・女子アナで子育て中ママによる「引き寄せの法則」を実用的に使っていこうなブログ

嫌は好きの輪郭を明確にする、見られることからの脱却

スポンサーリンク

書いてみたら全然まとまってなくてすみません。

まとまらなかった理由も、この記事を読めばおわかり頂けると思いますが。

 

しばらくブログをお休みしている間、いろんな気づきがありました。

とことん自分の気持ちに素直になるっていうのはすごく大事だと思います。

引き寄せの世界に出会ってしまったが為に、文句やネガティブな捉え方に蓋をしてしまいがちでしたが

素直な気持ちは単なる感想であり価値観であり、良いも悪いもないのです。

「やりたいことって何だろう」「好きなことって何だろう」と、見えなくなっている状態であれば

これは嫌、という角度から余分な要素をそぎ落として「好き」を見つけるのがいいと思うんです。

というか、意欲的な人は基本的に文句たれが多いと思うので 笑

得意分野のはずなんですよね。

 

 

私が最近強く思うのは、このブログで自分の「体験」を具体的に語りたくはないということです。

誰かの励みにはなるだろうし、具体的内容の方がたくさんの人が読んでくれるだろうと思っていました。

書いていた当時はそうしたくて書いていましたが、いまは全くそう思えません。

考えは全部全部アウトプットしたいけど、なぜか自分のプライベートなことは書きたくない。

 

これは理由がありますがここでは割愛するとして。

 

あとは「読まれようと思って書きたくない」です。

以前は多くの人に読まれよう!!とあれこれ頑張っていた自分がいました。

でもそれを意識したとたん急に苦痛になるのですよね。

筆が進まないというか。

キャッチーなタイトルを考えたり、画像を選択したり、読まれるためにやっていましたね。

いま思うとそれらの行動、全て「痛い」としか思えないのです。笑

もうそれがアレルギーになってしまって、

はてなブログのトップページに陳列されている「〜しちゃった話」やら「〜に必要な3つのこと」なーんて踊り文句に嫌悪感が止まらないのです。笑

 

見られていると意識すること、見る側に媚を売ろうとする姿勢が嫌になっちゃいました。

それはもう仕事にも影響してしまい、笑

実は一番仕事でやりたかったことを叶え、プライベートでの幸せも叶えたら

見てもらってナンボの世界もお腹いっぱいになってしまい、サクッと引退してしまったんです!

産休育休で戻っておいで、と優しい言葉をいただいたのですが

いまは子どもにたっぷり時間をあげたいので、退職という形を選びました。

なので正しくは「元女子アナ」ですね。(タイトル変えなきゃ)

 

ただ、見られることから卒業して、自分の目にどう映るかを意識したとたん

このただ見られるだけの仕事、という所から一歩踏み込んだ所までいけました。

前の記事で挙げた「状態の自愛」が進むと、別にやりたいことじゃなくても何でも楽しくなったんですよ!

これは目からウロコでした。

そしてその状態になると、不思議なことに本当にやりたい仕事が舞い込んでくるんですよね。

 

見られる、って潜在意識とか自愛とかに大きく影響してくると思います。

かといって、見られることを意識しませ〜〜ん!私は自由で〜〜す!!とムキになっていると、かえってめちゃくちゃ意識してしまうことになり

他人に迷惑をかけてしまうような人もいます。

自由で"なければならない"という、矛盾のしがらみですね。

そうじゃなくて、自分に夢中だから見られることへの期待が自然と手放される。

いまこうやって自分の気持ちを自由に、書いている人が読みやすいかどうかなんて御構い無しに書いているいま、とーーーーっても気持ちいいです。

 

このテーマはけっこう深いので、もう少し今度書くと思います。