引き寄せは履いて出かける

女子アナによる「引き寄せの法則」を実用的に使っていこうなブログ

引き寄せた内緒の恋の話

スポンサーリンク

どこかでちょっと触れた恋の話をちょこっと紹介します。

 

社会人になりたての頃、私がまだアナウンサーになる前のことです。

お相手は一般人ではありませんでした。

私はただ単にミーハーな彼のファンだったのですが、今の時代はそんな人とも繋がれてしまうのですね。

当時流行っていたSNSで彼と繋がることができました。

すごい時代になったなーと、彼の投稿を見てはその”近さ”にわくわくしていました。

しかし、彼とつながっているのは膨大な人数の友達。

その中にはもちろん実際に彼とプライベートでお友達の方も多くいたため、

そのうちの豆粒みたいな存在なのが私でした。

ですからもちろん、彼が好きとか付き合いたいとかそんな発想はまるで無しです。

考えたこともありませんでした。

 

ところがひょんなことがきっかけで、彼との距離が急接近しました。

 

ある日、急に彼からSNSを通じたメッセージが届いたのです。

私は目を疑いました。

ドキドキしながらそのメッセージを開くと、、、

 

 

 

明らかな間違いメール。

どう見ても私宛ではない内容でした。

冷静に考えてみると、見ず知らずの私に送るメッセージなんてあるわけがない。

わかりきっていたことでしたが、すーーーーごくがっかりしたのを覚えています。

 

でも、特に何もなくても・・・憧れのその人とメッセージ上だけでもやりとりするチャンスかも、と思い

「間違いじゃないですか?」という内容のメッセージを送りました。

スルーされても別にいいや〜!!ぐらいの気持ちで送信。

 

するとあっけにとられてしまうほど、すぐに返信が。

「ごめんなさい!なんで間違えたんだろう^^;」といった内容が返ってきました。

それだけでも嬉しくて、嬉しくて、いい記念になったなーという気持ちでした。

そのあとちょこっとだけメッセージが続いて、夢のようなやりとりが終わりました。

f:id:dosukoi823:20150722083633j:plain

それから1ヶ月後くらい、私が関西に出張に行ったときのこと。

関西きたよー的な投稿をSNSにあげたところ・・・なんと彼からメッセージが。

「関西いるの?」と。

彼もたまたま仕事で来ていたようで、偶然近くだったんです。

そこからトントンと話がはずみ「1杯飲もうよー」と。

私はそのメッセージを受け取ったとき、嬉しかったと同時にどこか残念?な気持ちになりました。

「そういう人か〜笑」と。。

遠い存在だった彼が急に現実的な普通の人間になった瞬間でした。

 

実際に会った瞬間は死ぬほど緊張しましたが、話せばやっぱり普通の人。

金銭感覚がちょっと人よりおかしいけど、それ以外は普通の人でした。笑

嬉しかったのは、変なお誘いがあるわけでもなく普通に解散したこと。

そういう人じゃなかった!と妙に安心していました。笑

そして、彼の仕事を見においでーと招待してくれたこと。

これがきっかけで、あの間違いメールから2ヶ月後にお付き合いを始めました。

 

結局彼とは1年つづいて別れちゃったんですけど、楽しかったいい思い出です。

今も変わらず活躍しているので、メディアで見かけるたびにいろいろ思い出します。

当時は何も考えずに、ただ彼とのつながりをわくわくしていただけでしたが

今思うと私が引き寄せた奇跡だったのかなーと。

いい思い出であると同時に、自分が行きたい世界に行ける!叶えたいことは叶えられる!

という自信になったことが、何よりの宝物です。