読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引き寄せは履いて出かける

女子アナによる「引き寄せの法則」を実用的に使っていこうなブログ

嫉妬したら、安心していい。

スポンサーリンク

女は嫉妬の生き物。

そう言われます。

女性に限ったことではもちろんなく、人間の嫉妬心は本能的なものです。

嫉妬することは、恥じることではありません。

 

とはいえ、嫉妬って嫌なもの。

やっぱりみじめだし、手が届かないという事実を押し付けられているようだし・・・。

なんだか負けを認めなきゃいけないような気持ちにもなりますよね。笑

でも中には嫉妬なんかせず、のびのびと過ごしている人だっている。

そういう人がいると、もう人格レベルがはるか上に感じますよね・・・。

と、どんどんみじめになっていくんです・・・。

f:id:dosukoi823:20150623202718j:plain

でも、嫉妬ってすごいんです。

嫉妬って素晴らしいんです!

なぜ嫉妬するかわかりますか?

 

それは、その対象と自分が近い証拠だからだそうです。

手が届く存在である、というサインなんです。

 

手の届かない存在には、嫉妬心はうずきません。

神レベルの偉人、たとえばイエス・キリストマハトマ・ガンジー・・・などなど。

この人たちに嫉妬できる人ってなかなかいないと思います。

けれども、ちょっと自分より売れてる人・・・おしゃれな人・・・素敵な人。

その人を目の当たりにすると、嫉妬心がうずうずうず!!

 

だから、嫉妬して大丈夫。

あなたには十分、その人に近づける力がある!ということなんです!

もし嫉妬していることに気づいたら、もう隠す必要はありません。

自分が何を望んでいるのか、求めているのがはっきりとわかるいいものさしにもなります。

 

嫉妬しているのに気づいたら「お、反応してるな〜」と楽しむくらいでいきましょう。

私ってこんな人にまで近づけちゃうんだ!と喜ぶべきです。

だから、手が届かない・・・なんて落ち込んでないでどんどん自分を好きになること。

嫉妬すると自分の何もかも嫌になりそうですが、その逆なんです!

 

逆に、前は嫉妬していたのに何も感じなくなることってありますよね。

それも成長のサイン。

自分がステップアップしている証拠だったり、その道ではなかったねっていうサインだったり。

自分の心が何に反応するのか知るための、大事なセンサーなんですね。