読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

引き寄せは履いて出かける

女子アナによる「引き寄せの法則」を実用的に使っていこうなブログ

本当の引き寄せとの出会い

スポンサーリンク

引き寄せの基本的な要素というのは、この本で学ぶことができました。

 

引き寄せの法則

引き寄せの法則

 

 でも、大きな願いにぶち当たったとき・・・

私はこの本の出会いなくして、本当の意味で自分の心を変えることはできませんでした。

 

ザ・シークレット

ザ・シークレット

 

 月並みですが、こちらです。

引き寄せの法則についてもっと知りたい、と思って調べたらこの本を見つけました。

私が先に挙げた本よりも、引き寄せといったらこの本!と思っている方も多いのではないでしょうか。

これを読んで、大いに真に受けて、私は無限の可能性を感じました。

私がちょこっと知った気になっていた引き寄せの法則って、とんでもないものだったんだ・・・と。

そもそも引き寄せの法則について詳しく知りたいと思ったきっかけというのは、大きな願いがあったから。

その大きな願いを後押しするように「自分が思い描いたように叶うんだ」という確信を得ました。

 

大きな願いを叶えるために、短い一人旅に出掛けたことがありました。

そのときに持って出掛けたのが「ザ・シークレット」の本です。

羽田空港までの電車のなか、読み進めていくと「この本すごいぞ」と。

それなら叶えてやろう!と思って「引き寄せの旅」と後から題しました。

するとあれよあれよと引き寄せていき・・・

「これが見たい」と思えば現れ「これが食べたい」と思えば現れ・・・。

どんなアクシデントに遭遇しても、アホほどポジティブに対処して、むしろそれを追い風に変えてしまう。

その旅の本当の目的こそ本当に夢のようなことだったんですが、当たり前のように叶えてしまいました。

あまりに次々と、くるくると叶えてしまうので、なんだか子どもというか、少女のようでした。

 

そこからもうクソポジティブですよ!笑

それまでは大きな願いとか、期待とかがあっても、その期待が裏切られたときのショックが最小限になるように「期待しないでおく」ということが癖になっていました。

そうではなく、どんな状況であっても前向きに考えるという癖がついたんです。

 

ただですね。

どんなに強く願っても、叶わないことってあるんです。

いや、叶わないことなんてないんですけど、うまくできないってこと。

要はコツがあるんですね。

そのコツをすごくわかりやすくまとめた本を、次の記事でご紹介します。